MacBook proのGPUリコールをGenius Barに持っていくも受け付けてくれなかった

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラムですが、私の機種も対象でした。

今年に入って発症し、GPUパニック、突然のフリーズ、画面の歪みなどがどんどん酷くなりました。
試行錯誤した結果、GPUをgfxCardStatus v2.2.1で内部GPUのみに固定するようにしたら問題がなくなりました。

それでもこのままでは利用できませんので、修理するために、会社帰りにAppleStore栄に持って行きました。
ところが店頭のチェックプログラムでは問題なしとのこと。

納得がいきませんでしたが、チェックプログラムで引っかかるか、その場で現象が発生しないと受け付けできないそうです。
確かに、最近は何事も無く動いていましたが、もしかして自然治癒したのでしょうか?
受け付け期限まで残り10ヶ月ありますので、とりあえずgfxCardStatus v2.2.1の利用を止めて様子をみます。

OSのアップデートも更新後に起動できなくなると困るので、止めていましたが最新バージョンにアップデートします。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)