制御言語(CL) とは

AS400の制御言語(CL) は、オペレーティング・システムとの基本インターフェースです。制御言語 (CL) は、全コマンドの集合で、ユーザーはこれを使用してシステム機能を要求します。
Linuxのシェルみたいなものです。
制御言語プログラム(CLプログラムまたはCLPと略します)は一連のCLコマンドをグループにしてプログラムとしたものです。
Linuxのシェルスクリプトみたいなものです。
CLプログラムでバッチ処理を定型化できますし、画面プログラムを呼び出す前に環境を設定することができます。

CLプログラムのなかで使用するコマンドは、ASを操作するコマンドと同じですが、CLプログラムのなかでのみ利用できるコマンドもあります。

CLの基本

PGMで始まりENDPGMで終わります。
桁位置はRPGのように桁固定ではありません。
SEUで入力した例です。

cl1

各行でF4でプロンプトを表示し実行するとを押すと、いい感じの位置に修正してくれます。
このようにプロンプトで移動した位置のほうが統一されて良いと思います。

cl2

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)