RDiのリモートシステムLPEXエディターの設定

RDiの「ウィンドウ」→「設定」から設定ウィンドウを表示します。

「リモート・システム」→「リモート・システム LPEXエディター」を表示します。

自動保存

自動で保存したい場合はチェックをいれます。個人的には手動で保存したいのでチェクを外しました。

日付域の表示

「RPG/400」「RPGⅢ」のソース物理ファイルのフィールドは3つです。

SRCSEQ・・・行番号 6桁
SRCDAT・・・レコードの更新日付 6桁
SRCDTA・・・本文 80桁

行(レコード)単位で更新日付を持っています。エディタの初期表示はSRCSEQ(行番号)とSRCDTA(本文)です。SRCDAT(更新日付)も表示したい場合はチェックをいれます。

桁依存編集

挿入モードで、編集するときに桁依存になります。

置換モードをInsertキーを押します。

挿入モードになりました。

演算項目1のAの後ろにBを連続で入力しても、演算項目1の桁が最大になったところで止まります。

保存時に行のシーケンス番号を変更

SEUの保存時のメンバーの番号付け直しです。

構文検査メッセージ

構文解析のエラーは、赤色のX印が表示され、マウスオーバーで注釈表示されます。

設定ウィンドウの「IBM i 構造解析プログラム」の「構文検査メッセージを注釈として表示」のチェックを外すと

画面上に表示されます。

LPEX エディターの基本設定は、設定ウィンドウの「LPEX エディター」にあります。

使いやすい設定を検討中です。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)