IBM Rational Developer for System i の起動

インストールしたIBM Rational Developer for System i を起動しました。

IBM Rational Developer for iはIBM iシステム上のアプリケーションの作成・保守を行うための、Eclipseプラ...

Rational Developer for i V9.6.0.5はEclipse 4.6 と互換性があります。基本操作はEclipseと同じです。

Eclipseは昔、Java開発で使用したことがありますが、ほぼ忘れたので復習。

ワークスペース

【名】workspace(作業空間)

ワークスペースとは、作業を保管するディレクトリーのこと。

ワークベンチ

【名】workbench(仕事台、作業台)

ワークスペースを指定すると画面が一つ起動します。この画面全体のことをワークベンチ(Workbench)と呼びます。

ワークベンチウィンドウには、1つ以上のパースペクティブが含まれています。パースペクティブにはビューやエディタが含まれ、特定のメニューやツールバーに表示される内容を制御します。

初回は[ようこそ]ビューが表示されます。

[ヘルプ]> [ようこそ]の順に選択すると、いつでも[ようこそ]ビューに戻ることができます。

パースペクティブ

【名】perspective(物事に対する見方、態度、視点)

ワークベンチのビューやメニューバー、ツールバーを含めた レイアウトを定義したもの。

Rational Developer for i V9.6.0.5 RPG and COBOL Toolsインストール直後のパースペクティブ

リモート・システム・エクスプローラーがデフォルトになっています。

リモート・システム・エクスプローラー (RSE)

Remote System Explorer (RSE) は、各種リモート・システムに接続して操作することを可能にする Eclipse IDE Workbench のパースペクティブおよびツールキットです。

Rational Developer for iのデフォルトのパースペクティブです。

「リモートシステム」ビューの「新規接続」をクリックし、「IBM i」をダブルクリックします。IP Addressを入力し、「終了」をクリックします。

指定した「接続名」で新しい接続が表示されます。

接続を展開すると、IBM i リソースにアクセス可能なエントリーが表示。RSEでは、これらのエントリーをサブシステムと呼びます(IBM iのジョブ・サブシステムとは関係なし)。

以上です。

細かい使い方はあとで。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)