IBM i Access Client Solutions のアップデート(Version 1.1.8.0)

2018年6月にACSの新しいバージョンがリリースされていました。
前回の2018年2月のリリースのバージョンは1.1.7.3でした。

Javaのバージョンの変更

前提条件の箇所で変更されていました。

Ver1.1.7.3

IBM i Access Client Solutions は、さまざまなバージョンの Linux、Mac、および Windows など、 Java 6.0 以上をサポートするほとんどのオペレーティング・システムで稼働します。

Ver1.1.8.0

IBM i Access Client Solutions は、さまざまなバージョンの Linux、Mac、および Windows など、Java 8.0 以上をサポートするほとんどのオペレーティング・システムで稼働します。

Macへのインストール時のテクニカルノート

「Java 6 SEランタイム」をインストールするように求められた場合は、Java 6をインストールする必要はありません。Java 8をインストールしてから、製品を再試行してください。
MacにJavaをインストールするときは、JREではなくJDKを選択します。 Mac用のJREはブラウザのみのJavaをインストールします。他のアプリケーション用にJavaはインストールされません。 JDKをインストールすると、IBM i Access Client Solutionsなどの他のアプリケーションでJavaを使用できるようになります。

readmespacs.txt

バージョン= 1.1.8.0
作成日= 2018年6月
ESSレベル= LCD8-2010-20

注:このバージョンにはJava 8が必要です。途切れることのないように、このバージョンをデプロイする前にJava 8を使用していることを確認してください。
IBM i Access Client Solutionsで使用されているJavaのバージョンを確認するには、製品のメイン・パネルから「ヘルプ」 – >「バージョン情報」を選択します。

推奨Javaレベル:Java 8 Update 171以上

1.データベーススキーマの拡張機能:
– ロックされた行(テーブル/テーブルパーティション)
– ロックホルダ(エイリアス/インデックス/テーブル/ビュー)
– ジャーナルエントリを表示するためのテーブルアクション
– スキーマテキストの変更
– スキーマのプロパティ
– SQLパッケージのプロパティ
– トランザクション
– 索引およびMQTパーティション・リスト
– 既存の列の前に列を追加できるようにする(RFE 109711)
2. SQLスクリプトの実行の拡張機能:
– 結果ウィンドウのタイトルにシステム名を追加する(RFE 104464)
– “Insert from Examples …”に例を追加
3.一般的なDBの拡張機能:
– ジョブのSQL詳細のソート可能な列を提供する(RFE 114874)
– ジョブのSQLの詳細をメインのSQL Performance Centerダイアログに追加する
DBツールのグローバル命名規則(* SQLまたは* SYS)を制御するための設定。
4.データ転送の拡張機能:
– xlsxファイルから音声データをアップロードしない(RFE 106406)
5. IFSの拡張機能:(RFE 117535、RFE 100792)
– プロパティと権限を表示および更新するための追加オプション。
6. 5250印刷の拡張機能:(RFE 95790、RFE 99537、RFE 107622)
– 以下の機能を備えたJava Print Service(JPS)を有効にするため、5250印刷サポートが大幅に更新されました。
インチ当たりの文字数(CPI)
1インチあたりの線数(LPI)
ページサイズ
フォントサイズのスケーリング(倍精度、倍精度など)
SBCSおよびDBCS(シフトアウトおよびシフトインあり)テキスト
水平および垂直位置
グリッド線
バーコード
フォント
オリエンテーション(自動、ポートレート、風景)
スケーリングの有無(ページに合わせる)
注:ASCII透明度(プリンタに直接送られるデータ)はサポートされていません
7.オープンソースパッケージ管理の追加:
IBM i上のオープンソース・パッケージを管理するための新しいインターフェースが「ツール」メニューに追加されました。
8.いくつかの修正点:
APAR SE68889 OSP-UNPRED ERRORLEVEL REPORTS 0 FOR DATA TRANSFER FROM AN EMPTY FILE
APAR SE68890 OSP-UNPRED J FIELD TYPE REPORT DOUBLE BYTE CHARACTER REQUIRED AS INPUT USING CURSOR KEYS
APAR SE68897 OSP-WAIT ACS FREEZES ON MENU OPTION
APAR SE68905 OSP-ACCESS CLIENT SOLUTIONS DBCS HYPHEN SHIFTED ONE BYTE TO LEFT WHEN USING JAVA PRINT SERVICE
APAR SE68939 OSP-INCORROUT ACS FILE TRANSFER CREATE IBM I DATABASE FILE CREATES FILE WITH CCSID 1208
APAR SE68962 OSP-INCORROUT CPF5192 – DATA SENT TO DEVICE NOT VALID. NEGATIVE RESPONSE CODE. DURING PROCESS OF RAPID SUCCESSIVE SCREEN UPDATES
APAR SE68975 OSP-UNPRED COLOR CHANGES USING ARROW KEY SELECTING RECORDS ON DDS DISPLAY FILE
APAR SE68987 OSP-INCORROUT ACS HIGH RATE SCREEN REDRAW CAUSES DELAY FOR THE SCREEN UPDATES
APAR SE68998 OSP-UNPRED GRID LINES DDS GRDLIN DISAPPEAR WHEN A DDS GRDBOX IS BEING DISPLAYED
APAR SE68999 OSP-UNPRED 5250 SESSION WITH FIXED FONT DOES NOT DISPLAY A PHYSICAL CORRECTLY WHEN THE DATA EXCEEDS 80 CHARACTERS
APAR SE69000 OSP-UNPRED SLASH FOR KEYWORD EDTMSK IN DDS DISAPPEARS WHEN TAB KEY IS BEING USED
APAR SE69021 OSP-UNPRED FLDCSRPRG HEADING TO THE J-FIELD USED IN DDS CAUSES INVALID CURSOR POSITION.
APAR SE69033 OSP-UNPRED UNTRANSLATABLE CHARACTER SHOWN AS BLANK WITH HCP 939 SET
APAR SE69048 OSP-INCORROUT SCREEN HISTORY ARCHIVE FILE NOT CREATED THOUGH SUCCESS MESSAGE DISPLAYED IF SESSION NAME CONTAINS INVALID CHAR
APAR SE69053 OSP-INCORROUT ACS 5250 KEYBOARD IS NOT LOCKED DURING MACRO PLAYBACK.
APAR SE69074 OSP-INCORROUT ACS 5250 IN FULL SCREEN MODE WILL SHOW A LITTLE PANEL WHEN USING THE ALT AND KATAKANA KEY
APAR SE69078 OSP-DB-OTHER-MSGSQL0109 IACS LOOSING THE DEFAULT VALUE WHEN ADDING COLUMN TO EXISTING TABLE.
APAR SE69101 OSP-INCORROUT ACS DATA TRANSFER ERROR MSGDB0036 STOPS THE TRANSFER
APAR SE69106 OSP-UNPRED MESSAGE ROLL UP OR DOWN PAST THE FIRST OR LAST RECORD IN FILE DOES NOT DISAPPEAR WHEN RESET KEY IS PRESSED
APAR SE69110 OSP-UNPRED CREATING AN ADVISED INDEX FAILS WITH LANGUAGE DE_DE AND SORT SEQUENCE *NONE
APAR SE69138 OSP-F/QLICUSRL-T/QZDANDB-MSGCPF2110 RUN SQL SCRIPTS SPECIFYING A LIBRARY LIST HAS NO AFFECT ON JOB. CPF2110 SEEN IN JOBLOG.
APAR SE69211 OSP-UNPRED 5250 EMULATION MAXIMIZED ALWAYS ON PRIMARY DISPLAY IF DO NOT SHOW THE TITLE BAR WHEN MAXIMIZED IS SELECTED
APAR SE69212 OSP-UNPRED IME KANJI INPUT IS INCORRECT
APAR SE69263 OSP-INCORROUT ACS 5250 EMULATION WILL NOT BE RESPONSIVE ANYMORE WHEN USING THE JUMP NEXT OR JUMP PREVIOUS FUNCTION
APAR SE69273 OSP-INCORROUT-ACCESS CLIENT SOLUTIONS USING IBM5587.PDT
APAR SE69314 OSP-INCORROUT ACS 5250 EMULATION WILL SHOW AN EXTRA GRAY BOX BEFORE CURSOR
APAR SE69317 OSP-UNPRED DATA TRANSFER REPORTS WARNING MESSAGE WHEN FILE EXTENSION DOES NOT MATCH THE FILE TYPE SPECIFIED
APAR SE69318 OSP ACS DATA TRANSFER MIGHT NOT RECOGNIZE THE RIGHT CURRENT SHEET
APAR SE69360 OSP-INCORROUT-ACS ACCESS CLIENT SOLUTIONS PRINTER SESSION MAXIMUM LINES PER PAGE NOT ALWAYS CORRECT USING IBM5577.PDT
APAR SE69361 OSP-INCORROUT ACS SBCS KANA CHARACTER INPUT IN THE TYPE A FIELD
APAR SE69400 OSP-UNPRED INPUT CHARACTER VALIDITY CHECK SET TO ON NOT WORKING CORRECTLY IN SPECIFIC ENVIRONMENT
APAR SE69436 OSP-ACS-INCORROUT SPOOLED FILES JOINED AS ONE IN WINDOWS PRINT QUEUE WHEN PRINTING FROM ACS PRINTER SESSION USING IBM5577.PDT
APAR SE69467 OSP-INCORROUT-ACCESS CLIENT SOLUTIONS BARCODE PRINTING INCORRECT USING BASIC_ASCII PDT IN ACS PRINTER SESSION
APAR SE69499 OSP-PAR-940XCOM HOD POSITION IS NOT SAVED CORRECT WHEN WORKING WITH A SECOND DISPLAY
APAR SE69503 OSP-UNPRED IME STATE INCORRECT SINCE VERSION 1173 CORRECT STATE SEEN WITH VERSION 1172
APAR SE69508 OSP-UNPRED DATA FROM FIRST SCREEN STILL SHOWN ON POPUP SCREEN
APAR SE69511 OSP-INCORROUT ALT+PAGEDOWN DOES NOT WORK CORRECTLY FOR SESSIONS STARTED BY PCSSTARTSESSION
APAR SE69513 OSP-UNPRED LOCAL HOST LOOKUP USING VIRTUAL IP NOT FINDING CORRECT ADDRESS
APAR SE69544 OSP-UNPRED NOT ABLE TO PASTE SINGLE AND DOUBLE QUOTE INTO J TYPE OR G TYPE FIELD

現在のバージョンの確認

前回、Windowsに1.1.7.3をインストールしました。

前回はMacにインストール、 今回はWindowsです。 Javaのインストール インストール済みのJavaのバージョンの...

「ヘルプ」 – >「バージョン情報」を確認してみました。

「ヘルプ」 – >「更新の確認」も実行してみました。

更新が使用可能です。

アップデートのインストール

新しいバージョンが使用可能になったら、インストール手順に従ってアップデートを適用できます。 既存のファイルの上書きを求めるプロンプトが出されたら、「すべてはい」で答えてください。

Windows、Mac、または Linux の install_acs スクリプトを使用した場合は、AcsConfig.properties ファイルは更新されません。これは、このファイルに対して行ったカスタム構成変更が失われないようにするためです。

ACSのアプリケーションを終了し、最初にインストールしたときと同様に、IBMiAccess_v1r1\Windows_Application\install_acs_64_allusers.js をダブルクリックします。

コマンドプロンプトの画面が複数回、自動で起動し終了しました。

OKをクリックします。

ACSを起動し、「ヘルプ」 – >「バージョン情報」を確認してみました。

Version1.1.8.0に更新されました。

「ヘルプ」 – >「更新の確認」も実行してみました。

使用可能な更新はありません。

install_acs スクリプトを実行するだけですぐに終了しました。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)