IBM Rational Developer for i V9.6 をインストール

IBM Rational Developer for iはIBM iシステム上のアプリケーションの作成・保守を行うための、Eclipseプラットフォーム上に構築された統合開発環境です。

2019/4現在の最新版はRational Developer for i V9.6.0.5 です。Rational Developer for i V9.6 は、Eclipse 4.6 と互換性があります。

販売店経由でライセンス購入し、Entitled Systems Support(ESS)からインストーラーをダウンロードします。

Rational Developer for iは3つのエディションがあります。

  • RPG and COBOL Tools
  • RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition
  • RPG and COBOL + Modernization Tools, EGL Edition

JavaとEGLの開発はしないため、RPG and COBOL Toolsを購入しました。

インストーラーの入手方法は3つです。

  • パスポート・アドバンテージ(PA)からダウンロード
    http://www-06.ibm.com/software/jp/passportadvantage/pao.html
  • ESS (Entitled software support)サイトからダウンロード
    http://www-304.ibm.com/servers/eserver/ess/index.wss
  • 評価版をWebサイトからダウンロード
    https://www.ibm.com/developerworks/downloads/r/rdi/

ESS (Entitled software support)サイトからダウンロードしました。

接続するサーバーOS

IBM i 7.3 (5770WDS オプション60)

インストーラーの入手

ESS (Entitled software support)

ライセンス契約済みシステム・サポート Web サイト (ESS) は、ACS、RDiの各種ライセンスのイメージを無償ダウンロードできるサイトです。IBM IDでのサインインが必要です。IBM IDには機械のシリアル番号とお客様番号を紐づけします。

IBM Identify(アカウント)作成

http://www-304.ibm.com/servers/eserver/ess/index.wss

ESSのサイトにアクセスし、register hereからIBM IDを作成します。作成後、ログインします。

お客様番号と機械のシリアル番号を紐づけ

My entitled softwareのRegister customer numberをクリックします。

CountryをJapanにして、Customer numberを入力し、Submitをクリックします。

登録が成功します。

Hardware of Software serial numberを選択し、Submitをクリックし、PowerSystemのシリアル番号を入力します。

ダウンロード

Software downloadsをクリックします。IBM i 7.3を選択し、Continueをクリックします。

5733-RDW を選択し、Continueをクリックします。

detailsをクリックします。

パッケージは「RDi Quick Start Guide」と「RDi RPG COBOL Tools Activation Kit V9.6」と「RDi Core product 1 V9.6.0」を選択し、Continueをクリックします。

同意して、

ダウンロードをします。

クイックスタートガイド・・・RDi_Quick_Start_Guide_LCD8_1990_03.zip

RDi本体・・・RDi_Core_product_1_V9.6.0_LCD8_1991_04.zip

ライセンスキー・・・RDi_RPG_COBOL_Tools_Activation_Kit_V9.6_LCD8_1989_03.zip

インストール

Windows 8.1 64bitにインストールしました。

32bitOSも対応していますが、サポートされなくなりますので、64bitがおすすめです。

ESSからダウンロードしたRDi_Core_product_1_V9.6.0_LCD8_1991_04.zip を展開するとdisk1フォルダがあります。このなかのlaunchpad64.exeをダブルクリックします。

IBM Rational Developer for i のインストールをクリックします。

他のバージョンをクリックし、IBM IDでログインします。

IBM Installation Manager 1.8.7と最新のIBM Rational Developer for i 9.6.0.5をインストールします。

すべてデフォルトでインストールしました。

アクティベーション

インストール後、起動します。ワークスペースを指定します。

ライセンスの管理をクリックし、

製品アクティベーション・キットをインポートします。

ESSからダウンロードしたRDi_RPG_COBOL_Tools_Activation_Kit_V9.6_LCD8_1989_03.zipのなかにあるcom.ibm.rational.developer.ibmi.rpgcobol.v96.pek.jarを指定します。

以上です。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)