RPGの画面プログラム作成 その3(品目登録)

未登録の品目番号による品目登録プログラム

品番検索は前回作成しました。
今回は登録画面です。

以下の物理ファイル(PF)、表示装置ファイル(DSPF)、RPG3プログラム(RPG)を作成します。
20150911rpg1

物理ファイル(PF)は前々回、作成済みです。

表示装置ファイルの作成

SAMPLIB/QDSPSRCにHINFM2を作成し、コンパイルします。

RPG3プログラムの作成

SAMPLIB/QRPGSRCにHINRPG2を作成し、コンパイルします。

RPG3プログラムの実行

作成したRPG3プログラムを実行します。
CALL HINRPG2

20150911rpg2

品目番号を入力して実行キーを押すと入力項目が表示されました。

20150911rpg3

項目に値を入力して実行キーを押すと物理ファイルに登録されます。

すでに登録されている品目番号の場合は、以下のようになります。
20150911rpg4

物理ファイルの確認

QUERYを作成するか、RUNQRY () HINMSPで物理ファイルのレコードを確認します。
また、直接DFUでデータの登録、更新、削除もできます。
UPDDTA FILE(SAMPLIB/HINMSP)
20150911rpg5
このとき指定したファイルのキー順に読みます。
DFUで削除するときはF23(Shift+F11)になります。

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)