AS/400(IBM i)のOSのバージョンを調べるには

GO LICPGMコマンドとDSPSFWRSCコマンドを使う方法があります。

IBM i5/OS のバージョン6、リリース1、モディフィケーション0 の例です。
OSの名称は以前のAS/400の時代は「OS/400」であり、その後に「i5/OS V6R1」となり、現在は「IBM i」です。
2014年4月に「IBM i 7.2」が発表されました。
ちなみにAppleが開発し、iPhoneなどに搭載しているOSの名称はiOS(アイオーエス)です。

GO LICPGM

GOコマンドはメニューを表示するコマンドです。

GO LICPGMを入力して実行します。
ライセンスプログラムの処理を表示します。
ver1

10を入力して実行します。(10.ライセンスプログラムの表示)
ver2

F11を押します。(F11=リリースの表示)
ver3

導入リリースを確認します。(V6R1M0)
ver4

DSPSFWRSC

DSPSFWRSC(Display Software Resources)コマンドは、ソフトウェア資源を表示するコマンドです。

DSPSFWRSCを入力して実行します。
ソフトウェア資源の表示を表示します。
ver5

F11を押します。(F11=ライブラリ/リリースの表示)
ver6

リリースを確認します。(V6R1M0)
ver7

または、プロセッサー・グループ(機械グループ)を調べるWRKLICINFコマンドからも可能です↓↓↓↓↓

DSPLICKEY(ライセンス・キー情報の表示)コマンドまたは、WRKLICINF (ライセンス情報の処理 )コマンドを使用します。  D...

【↓2019/6追記 TR(テクノロジー・リフレッシュ)を調べる方法を追加】

先日、新しいAS(S914)にリプレイスしました。 メジャー・リリースのIBM i 7.4とテクノロジー・リフレッシュ...

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)
memordmレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
memordmレクタングル(大)